「チェブラーシカはプロパガンダ?」 ソ連カルカルでのアンケートにおそロシ庵が答えます

先日行われましたソ連カルチャーカルチャー6。会場のお客さまたちから毎回アンケートをもらい、イベント中に答えたりしているのですが全てに応えることができません。
今回もイベント中に回答することができなかったものがありますのでこの場で簡単におそロシ庵のちばとMurasakitonboことカーチャが回答していきたいと思います。
 

質問&回答

 
カーチャさんへ質問
ロシアの男性と日本の男性との違いについてざっくりお願いします。
 
カーチャの回答
そうですねぇ。日本の男性とロシア男性…
全員が全員だとは言い切れませんが、まずは国籍が違いますね。ロシアの男性は国籍がロシアですし日本の男性は国籍が日本です。
また、名前も違います。日本人の男性は名前は大体日本っぽい名前ですが、ロシアの男性はロシアっぽい名前です。
 
 
カーチャさんへ質問
留学先の東大の男についても一言お願いします。
 
カーチャの回答
現在の留学先は東大ではないです。現在通っている大学の書道科の男性は…一言で言えば、少ないです。
 
 
カーチャさんへ質問
おそロシ庵のちばさんとの出会いはいつ、どのようなものでしたか。
 
カーチャの回答
ちばさんの短期留学中にモスクワで出会いました。
 
 
 
 
質問
なるべく安くロシアに行く方法は?
 
ちばの回答
堺港からウラジオストクまでフェリーが出ています。DBSクルーズフェリーのEastern Dream号です。
このフェリーに乗れば一番安い席の往復チケットが44,000円なので、日本から片道22,000円でロシアの大地を踏むことが可能です。
しかも学生だと学割が効きます。20%オフの学割なので、往復チケットが35,200円、片道17,600円になります。
しかし、堺港を土曜日19時出港、ウラジオストクに到着が月曜の15時(途中韓国で5時間停泊)といったちょっとした覚悟のいるスケジュールとなっています。
 
 
 
 
質問
チェブラーシカはプロパガンダと聞きました。本当ですか?
 
 
カーチャの回答
プロパガンダ?なんのプロパガンダ??
チェブラーシカがなんのプロパガンダなのかこの質問ではわかりません。
本当にそのような話があるのでしょうか?
聞いたことがないので軽く調べてみると、チェブラーシカは同性愛者のプロパガンダだという説が出てきました。
その説によると、ワニのゲーナとチェブラーシカは男同士なのに仲が良すぎるというのが理由らしいです。
 
 
 
 
質問
ロシアのことをもっと知りたいのでおすすめの本、サイト、お店などあれば教えて下さい
 
ちばの回答
ロシアの何について知りたいのかで本はいろいろと変わってくると思いますが…
例えばおそロシ庵で紹介したことのある本で言えば、
 
シベリア鉄道の旅が漫画になった、『女一匹シベリア鉄道の旅』

 
ソ連のテクノポップを集めた、『共産テクノ』
 
これは絶版ですが…
源氏物語をロシアで初めて翻訳した、カーチャの伯母さんの日記が書籍化した、『タチアーナの源氏日記―紫式部と過ごした歳月』

 
他にもロシア関連の本はたくさんあると思いますので自分の興味あるジャンルの本を探してみてください。
そして面白い本があれば逆に教えて下さい。
 
おすすめのロシア関係のサイトですが、こちらがおすすめです。
 
 
 
 
質問
ロシアのおすすめの観光地と行ったらヤバい観光地はどこですか?
 
 
ちばの回答
ヤバイがヤバイくらいすごいってことなのか、安全面でヤバイのか、どっちを指しているのかわかりませんが、ガイドブックに観光地として載っているような場所で安全面でヤバイ場所はないと思います。
どこに海外旅行へ行くときも同じですが、なまぬるい日本の安全に関する常識は通用しないということさえ考えて注意して行動すれば危険な目には滅多に合わないはずです。
おすすめの観光地はたくさんあります。
まずはこの夏開催されるおそロシ庵プロデュースのモスクワソビエトツアーに参加してみるのはどうでしょうか?
 
 
 
 
 
 
質問
おそロシ庵のモスクワソビエトツアーに参加したいのですが、現在の参加者の男女比などどうなっていますか?
 
 
ちばの回答
モスクワソビエトツアーですが、多くの方より関心・お問い合わせを頂いております。
現在の参加者の男女比は5:5です。
締め切りまであと少しとなりました。6月15日(水)が締切日となっております。休暇の調整など難しいとは思いますが、皆様の参加をお待ちしております。
 
 
 
 
 
おそロシ庵では皆様からの質問を募集しております!
 
ページ上部メールフォーム、またはinfo☆osoroshian.com(☆を@に)、もしくはTwitterでもFacebookでも、直接会ったときにでも、伝書鳩でも、狼煙でも、矢文でも、なんでもいいんでありとあらゆる手段を使って連絡をとってみてください。
 
本文にでもタイトルにでもいいので、「質問コーナー」と入れてくれると、「これ記事に載せちゃっていいの?」って悩まなくてすむのでありがたいです。
頂いた質問には答えたり答えなかったりします!
 
※回答は個別対応ではなく記事にします!
  なので、記事にしにくい質問には回答期待しないで下さい。
  記事にしにくい個別な質問なんかは回答していると埒が明かないので、基本返事もしません。
  申し訳ございませんがそこんところよろしくお願いします。