汚くて入れないの?ロシアのトイレ事情はどうなってる?「モスクワで見てきて!してみて!」調査報告

今年の2月、大陸とラベルさんとおそロシ庵のコラボツアー、「寒いモスクワツアー2019」でモスクワへ行く前、「モスクワで見てきて!してみて!」と下記のような募集をかけました。
2月にモスクワへ行くのであなたの気になるものを代わりに見てきます!
たとえば○○の写真撮ってきて!とか、△△はどうなってるか見てきて!とか。
もちろん全部は無理なんで、たまたま通りかかった、今日は暇だからそこ行ってみるか!って感じでかなり適当にチョイスすると思います。
たくさんのリクエストが届きました。ありがとうございます!
今回は第3弾!街中に関するリクエストへの回答です!

お名前
チグラーシャ
モスクワで見てきて!してみて!
街のトイレ事情が気になります。公衆トイレ、ホテルのトイレ、レストランのトイレ、デパートのトイレ、観光地のトイレ、などなど。写真はなくて大丈夫です。
以前ロシアの大学に留学していた方のブログで、「大学のトイレが汚すぎてトイレを我慢して何回も膀胱炎になって大変」という記述を見たことがあり、ロシアに興味はあるのですがトイレ事情が気になって渡航に二の足を踏んでます。観光客が利用するであろう場所のトイレがどんなものか教えていただけたらとても嬉しいです!(ちなみに女です)
お名前
コメコ
モスクワで見てきて!してみて!
モスクワの公衆トイレがどのようなものかぜひ知りたいです!
というかロシアに公衆トイレはあるのでしょうか、、無知な疑問で申し訳ないですが、もし宜しければ掲載してくださると嬉しいです!
ロシア旅行が素晴らしいものになりますように♡

モスクワのトイレ

調査報告
海外旅行へ行くときの心配ごとの一つ、トイレ事情。たしかに大事。
よくロシアのトイレはひどいなどと言われますが、最近はかなり改善されてると思います。
質問者の方のコメントにある、「大学のトイレ」など、普通のお客さんが使わないようなところは確かにひどいところが…。
まあ、学生が集まる場所なんで仕方ないってのもあります。今までモスクワの数カ所の大学、高校に潜入してトイレを使ったけど、便座が壊れてたり、手洗いの水が出なかったりは普通でした。
しかし、モスクワで観光客が使うような場所のトイレはそこまでひどいところを見たことがないので大丈夫です!
今回の記事では、私が撮りためていた『モスクワトイレ写真』のフォルダを開放していきたいと思います。
これは以前までよく見られたスタイルの公衆トイレ。駅前とか人の集まる場所に設置されていました。
左側の空いた扉の中に管理人のおばちゃんがいます。このおばちゃんにお金を払い、トイレを使わせてもらうシステムです。
意外ですが、ロシア人でもこのトイレを使ったことある人があまりいません。(私の周りだけかもですが)
やっぱりこの手のトイレは「汚そう」「臭そう」「暮らしてそう(ホームレスが中で)」3Kのイメージが強いので、よっぽどの緊急事態でない限りはここで用を足す選択肢が出てきません。
使った人の話では、意外と汚くはなかったけど、臭いがちょっときつかった。とのこと。
トイレを出ると、管理人のおばちゃんから手洗いの水代わりにウェットティッシュを一枚渡されて驚いたそうです。サービスがいいですね。
こちらが現在主流のモスクワの公衆トイレ。
管理人のおばちゃんが機械の体を手に入れ、トイレと融合した完全自動システムです。
このトイレを使用するのには専用の会員カードが必要だけど、カードがなかなか発行されなかったりいろいろとめんどくさい。とロシアのネットに書かれていました。
私も友人もこれを使ったことがないので、次回の訪露で試しに使ってレポートしてみたいと思います。
と、このように街中の人が集まる場所には公衆トイレがありますが、上述したようにあまり使われていません、使ったことがありません。
では、いったいどこのトイレを使っているのかと言うと、お店がメイン。
これは本屋のトイレ。トイレットペーパーが入ったゴミ箱がありますが、これは紙を流すと詰まってしまうためです。
これはハンバーガー屋さんのトイレの手洗い蛇口。
おわかりいただけたであろうか?蛇口の向きがおかしくてこのまま水を出すと足元ビッチャビチャになる罠。危うく引っかかるところだった。
これ、見つけたときにTwitterに載せたら、「掃除でバケツに見ず入れるためにその方向にして戻し忘れたんじゃ?」とコメントが来て、なるほどと思ったんですが、私、この蛇口を元の位置に戻したんですよ。そのとき、ものすごい力入れて戻しました。簡単に位置を変えれるような硬さじゃなかったです。だから戻し忘れじゃないと思うんですよ。戻せなかったんじゃないですかね。
こちらはとある博物館のトイレ。
小さな博物館は男女別のトイレがなく、個室が一つとかも多いんです。このトイレもそうだと思いました。で、ドアを開けると…
中は個室が3つ並んでました。これは気まずい。
この、「男女共用の個室が一つと見せかけ実は個室が並んでるタイプ」も古い博物館系の見学場所でたまにあります。
ショッピングモールなどは綺麗なトイレがある場所が多いです。特に最近できた場所は。
次に紹介するのは赤の広場に隣接するモスクワを代表する百貨店、ГУМ(グム)のトイレ。
以前は無料だったのに、W杯後に行ったら有料、50ルーブル(約80円)になっていました。W杯は全てを高くしていきました…。グム名物のアイスも50ルーブルだったのが100ルーブルになったし。
トイレはかなりきれいになっていたけど、アイスは別に変わってい
なかった。うまいけど。
さて、この50ルーブルトイレはグム内の数カ所にある普通のトイレなのですが、50ルーブル以上するトイレが2箇所存在します。
注意:値段がコロコロ変わるので今はぜんぜん違う値段かもです。
100ルーブルトイレ
カウンターでおばちゃんにお金を払うとチケットを渡されて、カウンターから数歩のすぐ横の改札ゲートのところへ行くと別のおばちゃんがチケットを取り上げ、手動でバーを開閉してくれるシステムでした。人件費無駄すぎない?
綺麗さは50ルーブルのとあまり変わらない感じ。
実は次に紹介する最高級トイレと間違えてここに入ったんです。なんだ、噂より大したことないな。と思ってたら別物でした。
200ルーブルトイレ
1回約320円。歴史的トイレと名付けられたグムの最高級トイレ。このグムは帝政ロシア時代に作られた百貨店なのですが、その頃の豪華なトイレを再現したトイレだそうです。ソ連時代は豪華なトイレは不要ということでなくなってたとか。
高いトイレとしてそこそこ有名。観光地化しています。
トイレ前のソファも豪華
掃除のおばちゃんがつねにスタンバっててちょっと気まずい。
内装は流石に豪華な感じがするし、スタンバってるおばちゃんがすぐに掃除に取り掛かるので清潔なのはわかりますが、200ルーブルも払って毎回使う価値はないな…。観光目的で一回入るのはあり!
と思っていたら、たまたま無料で入れる同レベルのトイレを発見しました。

スターリン建築の一つ、ホテル・ウクライナ。
現在の正式名称はラディソン・ロイヤル・ホテル・モスクワ。
ドアマンのいる重厚な扉をくぐると豪華な内装。
Tシャツ短パンでロシア人の友達と中に入り場違い感を満喫。
グムのトイレ入ったあとだと、ここが無料だなんて、なんだかとても得した気分になれました。
留学で初めてロシアに来たときに、「街でどうしてもトイレに行きたくなったら、ホテルを探して入ればいい」とアドバイスを貰ったことを思い出しました。
ちなみに次の「モスクワソビエトツアー」で滞在する予定のホテルのトイレはこんな感じ。
普通にきれい。
これは部屋のですが、ロビーにあるトイレもきれいでいい感じです。
ちなみにちなみに、去年の夏と今年の冬のツアーで使ったホテルのトイレは、
なぜか便器の上に受話器があるという謎配置。
紙がなくなったらすぐに呼べるから便利なのかな?横のポッチは流すボタンです。
ということで、もちろん汚いトイレもあると思いますが、綺麗なトイレも普通のトイレもいっぱいあるので安心してロシア旅行を楽しんでください!