ロシアのカッテージチーズ、トヴァロークを作って牛乳大量消費!!

ロシアのカッテージチーズと言われるТворог。読み方はトヴァロークまたはトヴォーラク。アクセントの位置で発音が変わるがどっちでもOK。この記事ではトヴァロークに統一。

よくカッテージチーズと同じと言われますが、全然違います。
見た目は似ていますが出来上がる過程がぜんぜん違うのです。詳しくはWikiを見てね。

さて、コロナのせいで全国の学校が休校になり、給食用の牛乳が余り、農林水産省が「牛乳や乳製品をたくさん使ってね!」と言ったことが話題になっていますよね。
そこで思い出したのがこのトヴァローク。
これ、かなりの牛乳を使います。そして日本では自分で作らない限り、味わうことができない食材です。
この機会に作ってみてはいかがでしょうか?
早速作り方を紹介します。全てロシア人から教わったロシアのレシピです!

ヨーグルトの作り方

まずはヨーグルトを牛乳から作ってみましょう。
え?トヴァロークは?と思いましたね?そう、今回紹介するトヴァロークのレシピはヨーグルトを使います。
ヨーグルトはだいたい牛乳と同じ量ができ、トヴァロークはヨーグルトの1/4位の量になります。つまり、1リットルの牛乳が、約250gのトヴァロークになる計算です。

材料:
牛乳 1リットル
プレーンヨーグルト 大さじ2-3杯

作り方:
牛乳にヨーグルトを入れてよく混ぜる。
温室で寝かせる。
寒いところでは発酵が遅い。温かい場所では発酵が速い。(夏は、半日でもOK)
発酵したかどうか確認し、ヨーグルトになっていたら完成!

トヴァロークの作り方

材料:
プレーンヨーグルト

作り方:
ヨーグルトを鍋に移し、40~50分弱火にかけます。
このとき、グツグツ沸騰しすぎないように注意。
だんだんと水分と固形物に分かれていきます。
40~50分経ったら、ざるとガーゼで水分を切ります。
そのまま放置して水を切っても、ガーゼで絞ってもOK。
水気がなくなり、熱が取れたら完成。

この出来あがったトヴァロークはそのまま食べても、はちみつなどをかけて食べてもOK。
また、これをさらに料理の材料にも使えます。

以前Youtubeのチャンネル、ラッシャンカフェで紹介したВатрушки(ヴァトルーシキ)というロシアの菓子パンも、トヴァロークを使った料理です。
是非動画をチェックしてみてください。
トヴァロークもここで作り方を紹介しています。

動画では市販のヨーグルトを使っていますが、これもまた乳製品消費に役立つはず。
トヴァロークの作り方は03:43からです。

この他にも、ロシア料理には牛乳、乳製品を使うものがたくさんあります。
今までの乳製品を使ったレシピをいくつかピックアップしてみます。



誰も知らないロシア料理。
Блумбэтики(ブルベンチキ) と呼ばれる鶏ひき肉のパンケーキです。
なぜだれも知らないのかというと、出演しているロシア人の旦那の実家から伝わる料理で、名前をネットで検索しても何一つ引っかからないという秘伝のレシピだから。
ヨーグルトを300g使います。



ロシア料理の定番中の定番、ブリヌイと呼ばれるパンケーキ、クレープのような料理です。
春の訪れを祝うマースレニッツァに食べられるごちそうでもあります。ちょうど今の季節にピッタリ。
中に包むものはお好みで色々試してみてください!
牛乳200gで10枚くらい作れます。

その他にも乳製品を使ったレシピがいろいろあるのでチャンネルをチェックしてみてください!!

YouTube

日本に住むロシア人が料理を作ります! ロシア料理をメインに、和食にもチャレンジしていきたいです! 出演:ロシア人(サーシ…

もちろんチャンネル登録してくれるとうれしいです。

それでは、ぜひこの機会に自宅でおいしいロシア料理にチャレンジしてみてください!!



created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥3,300 (2020/10/30 17:13:56時点 Amazon調べ-詳細)
商品紹介
●牛乳1Lパックがそのまま入る。おうちで簡単ヨーグルトメーカー
●牛乳に種菌(プレーンヨーグルト、またはヨーグルト菌)を入れて本体にセット。コンセントに差したら待つだけで簡単
●1000mlの場合8~10時間。500mlの場合5~8時間で出来上がる