ソ連ナイトのアンケートに書かれていたソ連、ロシアについての質問と回答&ソ連、ロシア旅行のエピソードを紹介します!

先週土曜日(2017年12月9日)に東京カルチャーカルチャーで開催された「真昼のソ連ナイト旅情編~そうだソ連、行こう。ソ連の旅スペシャル!」にて会場のお客さん達に書いてもらった質問、ロシア・ソ連へ旅行へ行った際のエピソードの一部を紹介したいと思います。
 
 
 

まずは質問の回答から
 
※自分の体験談だったり、ロシア在住歴が長い日本人の友人の話だったり、ロシア人の友人に聞いたりした回答です。
 
 
質問
着陸時に拍手をするのは今も同じですか?
 
回答
まず、何も知らない方に解説。
ロシアの航空会社、アエロフロートに成田から乗り、モスクワへ到着するとき着陸の瞬間、機内のお客さん達(ロシア人)が拍手をする光景が昔から有名です。
 
現在では徐々にその光景が少なくなっていますが、完全になくなったというわけではありません。現在でもロシア人が多く乗るロシア系航空会社で旅をすると着陸時に乗客たちが拍手をする光景に遭遇することができるはずです。
ロシア人の友人によると、国際線では少なくなってきてるけど拍手することが多いということです。また、乗ってる乗客の年齢にもよるらしく、若い人はあまり拍手しないかな?とのことでした。
 
余談ですが私が数年前に南の島へ行ったとき、バンコクからバンコク・エアウェイズでトラートまで小さな飛行機に乗ったのですが、そのときも着陸時に拍手が起こりました。ソ連ナイトでもお話しましたが、南の島へ行くロシア人が非常に多いのです。もしかしたらそのときの乗客はほとんどがロシア人だったのかもしれません。
 
 
 
 
質問
旅行編ということで、ロシアにも温泉地みたいなのがあるのか気になっています。
 
回答
ソチなどのクラスノダール地方が該当すると思います。これは日本の温泉地のような感じではなく、ソ連ナイトでもお話したソ連時代からあるサナトリウムに付属するもので、治療やリハビリのために使用されます。また、温泉ではなく冷泉が多いらしく、医者の指導によって温度を調節し入浴することが多いそうです。
 
 
 
 
質問
日常的にロシア人は見知らぬ人にタバコをもらうのですか?
 
回答
私は何度かロシアで「タバコある?」と聞かれました。街を歩いてるときだったり、外のベンチで座ってるときだったり。
日本では一度も聞かれたことはありません。私がタバコ持ってそうと思われてるわけでもないでしょう。もちろん皆が皆、タバコを求め街行く人に声をかけまくってるというわけでもありません。
 
また、時間もよく聞かれます。どう見ても東洋人の観光客でロシア語が話せるはずがないだろうって感じでフラフラしてる私に、「今何時?(もちろんロシア語)」と聞いてくるロシア人の感覚がいまいち理解できません。
そのことをロシア人の友人に話すと、ナンパ目的だったのかもと言われました。思い出してみると、確かに時間を聞いてきたのは女性だけです。ただし、おばあちゃんやおばちゃんでした。どうせならもっと若くてきれいな人に時間を聞かれたい。
 
さらに余談。一度だけ「電話を貸してくれ」と声をかけられたことがあります。これは私がIngressやるためにスマをを出しながらウロウロしてたので言いやすかったのでしょう。急に声をかけられ警戒していると、声をかけてきた若い兄ちゃんは書類を一枚取り出し、私に見せながら、「このあとここの会社に面接に行かなきゃいけないんだけど、遅れそうで、電話しなきゃいけないんだけどケータイ料金払い忘れてて電話かけられないんだ!」と焦っていたのでそのまま貸してあげました。で、必死に面接先に電話をしてる彼を見て、ああ、こんなんじゃ受からないだろうなぁ。と思いつつ電話が終わるのを待った思い出。
 
 
 
質問
ロシア人に豚バラ肉について教えるときどう説明するとわかりやすいか?
 
回答
Свиная грудинка(スヴィナーヤ・グルジーンカ)といえばOK。
 
 
 
質問
何年か前のNHKの語学番組のロシア紹介VTRで見た、「ゴーゴリ・モーゴリ」というスイーツが気になってますが、日本で見かけないし、ググってもいまいちでてきません。でもNHKが紹介していたので気になって困っています。家で作れますか?
 
回答
ロシア語で「Гоголь-моголь」ですね。
ロシア人の友人は名前を聞いたことある程度で食べたことも見たこともないそうです。
ミルクセーキに近いものらしく、レシピもいろいろあります。ブランデーを入れたりもするそうなのですが、今回子供も飲めるクラシックレシピを発見しましたので紹介します。
 
材料
  • 卵 2個
  • 砂糖 20g
  • 塩 少々
  • シナモンパウダー 少々
 
作り方
  1. 黄身と白身に別け、白身は冷蔵庫で10分冷やす。
  2. 砂糖を半分に分け、黄身と混ぜる。ホイップさせ2~5倍の体積にする。
  3. 白身を冷蔵庫から取り出し、残りの塩と砂糖を入れホイップさせる。
  4. ホイップさせた黄身と白身をミキサーで混ぜる。
  5. パフェグラスなどの器に移し、シナモンパウダーをふりかけ出来上がり

Kogel mogel

※画像はWikiより。

質問
ロシア語通訳者が早死にしがちなのはなぜか
 
回答
統計的にみても早死に率の割合はロシア語通訳者ではない日本人と同じではないでしょうか。長生きしているロシア語通訳者の方もたくさんいます。ロシア語通訳者だから短命という理屈はありえません。
 
 
 
質問
先月ムーミントローリのライブを渋谷で見ました。その感動を友人に話しても「???」な反応です。
ムーミントローリを一言で言うと、ロシアではどんな存在でしょうか?
※私は日本で言うB’zやサザンオールスターズをライブハウスで見られたと話しています。
 
回答
20代後半から30代前半世代のロシア人なら全員が知っているというレベルのバンドだそうです。人気のピークは90-00年代ごろかな?とのロシア人友人の見解。今でも有名といえば有名だけど、若者のなかでは知らない人もいる。とのことです。
 
 
 
質問
便利になったロシアの生活を知りたいです。
 
回答
私が一番思うのは、モスクワでは街中に無料Wi-Fiがあり便利ということです。カフェやレストランはもちろん、公園、地下鉄車内、バス停などにあるのでスマホがあればどこでもインターネットができます。さらに最新のバス停にはUSBコネクタがあり、ケーブルさえ持っていれば充電もできます。
 
 
 
質問
車の運転免許のとり方
 
回答
日本と同じように学校に通い免許を取得します。順調に通えば1ヶ月位で費用は安くて30000ルーブルくらいだそうです。
 
 
 
質問
モスクワで国内線に乗り継ぐのに失敗して市内のトンネルで野宿していたら、警官に保護されて、ピストルも触らせてもらえました。
これってよくあることですか?
 
回答
よくあることではないです。
国内線の乗り継ぎを失敗する人はめったにいないですし、だからといって市内のトンネルで野宿することもありえないですし、警官に保護されることも普通じゃないですし、ピストル触らせてくれる警官も多くないと思います。
 
警官ではなく悪い人に先に見つかってればもしかしたら無事に帰国できなかったかもしれません。とてもラッキーだったと思います。
 
注意!
「ロシアは危険と聞いていたけど◯◯しても大丈夫だった!」という常識外の行動をして安全だった、大丈夫だったという発言を耳にすることがあるのですが、そういう発言を聞いても絶対に真似しないでください。
日本でも他の国でも同じです。節度ある行動を。
 
 
 
質問
プーチンカレンダーが数種類出回ってますが、選ぶ自分なりの基準を参考までに教えてください。
 
回答
Don’t Think, Feel!
 
※ロフトで去年よりプーチンカレンダーがロシアより直輸入で販売されております。去年知らずにモスクワで大量購入し、帰国してからその事実を知り、なんか残念な気持ちになりました。
 
アマゾンでも買えるみたいです。http://amzn.to/2B237zv
 
 
質問
廃墟好きにおすすめの観光地を知りたい
 
回答
ソ連ナイトで大山顕さんが話してくれたプリピャチがよさそうです。
 
 
 
 
質問
ロシアに行くことができないので都内でロシアの食品(主にお菓子)が売られているお店を教えてほしい
 
回答
業務スーパーへ行きましょう!
 
 
 
 
 

 
最後にロシアに行ったことのある方、ソ連時代に行ったことがある方にエピソードや印象に残っている場所、おすすめの場所などを書いてもらった一部を紹介します!
 
 
4年前のはなし
泊まっていたホテルのエレベーターが急降下した(コス◯スホテル)
その後、何事もなく目的の階に到着した。
 
 
帰りの飛行機のチェックインカウンターの目の前に並んでいたアジア系の男が警備員に連行されていった。
 
 
アイスクリーム工場の見学、凍結したモスクワ川クルーズ、ダーチャ訪問、地下シェルターの見学。
 
 
中国とロシアの国境越え(バス移動)
 
 
1983年冬(アンドロポフ書記長の時代)、シベリア鉄道の4人コンパートメントにいた同世代のロシア人と道中7日間話が盛り上がりました。ソ連軍がアフガニスタンに派兵していたときでしたが、彼の親友がアフガニスタンで戦死したという話をきっかけにコンパートメントの扉を閉めて声が外にもれないように、彼は私に「体制批判」の愚痴をこぼしました。
 
 
今年サハリンの友達のところへ行って狩りに行ったときロシア軍の兵士と宴会になった。
上官は飲みすぎてトラックへ仮眠に行ってた。制服についてるワッペンを「お前にやる」と言ってくれた。
噂のペットボトルビールの回し飲みをした。
 
 
今年の2月に3日間だけ行きました。(初ロシア)
モスクワメトロは山手線くらい?次々と電車が来て、停車のたびに見える駅舎も最高でした。快適の極みです。
あと、もふもふの軍用犬がいっぱいでした。
 
 
モスクワミュージアムで学生証を忘れて学割が使えないとなったとき、居合わせた婦人が通訳してカッサのおばちゃんと交渉してくれ、おばちゃんが招待券をそっとだしてくれました。二人共ありがとう!
 
 
深夜にハバロフスク空港に着いて親切なロシア人にホテルまで送ってもらったこと。タクシーなどなく困っていたがよかった。
ロシア人は親切な人が多い印象を受けました。
 
 
モスクワの観光地にいるドレス姿の人やミッキーは一緒に写真を撮ると必ずお金を請求される商売です!お金を払いたくなかったら写真は撮らないほうがいいと思います。
サンクトペテルブルク、冬の宮殿でも同様の商売をされていましたが、こちらは看板を掲げて料金を提示していましたので良心的でした。
 
 
ウラジオストクへ行きましたが日本車の多さに驚きました。痛車の白タクや「児玉牛乳店」なんて書いた車も…
1月にモスクワへ始めていきます。モスクワはどんな車が走っているか楽しみです。
 
 
ロシアは面白い!と感じました。
 

 
以上です。アンケートに答えてくださった皆様、会場に足を運んでいただいた皆様、どうもありがとうございました!
 
そんな面白いロシアへみんなで行こう!