モスクワのファストフードチェーンの各店舗で一番高いものを食べてみた

突然ですがみなさん、ハンバーガー好きですよね?
いまモスクワで一番美味しいハンバーガー屋と言われているお店があります。それが、Buger Heroesというお店。モスクワの数カ所にお店があります。
何度か足を運んだことがあり、本当に美味しいハンバーガーなのですが、HPを見るとノーヴィ・アルバート店限定バーガーが販売されていることを見つけました。
ЦАРЬ-БУРГЕР、ツァーリ・ブルゲルと読みます。ロシア語を少しかじったことがある方なら意味がすぐわかるでしょう。そう、「皇帝バーガー」です。
バーガーキングより上。皇帝です。これは食べなくては!

やってきましたBuger Heroes、ノーヴィ・アルバート店。
で、皇帝バーガーを早速注文。もうとにかくすごいので見てください。
どうですかこれは!めっちゃ映える!
黒いバンズの上部に金箔が敷かれ、上にはロシアでも豪華な食べ物の代名詞、イクラ。そして肉のパティとチーズ、中にもイクラが挟んであります。
ツァーリという何ふさわしい見た目。味はどうでしょう?イクラと肉を同時に食べるのははじめて…とこの記事書くまで思ってましたが、毎年お雑煮に鶏肉とイクラが入ってたの思い出しました。母の実家地域ではこの食べ方。
お雑煮はおいといて、皇帝バーガーの味ですが、イクラと肉は違和感なく食べられる。むしろ美味しい。イクラがちょっとしょっぱいけど。他のチーズとかの具とも相性がいい。金箔はやっぱり見た目だけ。食感もよくわからない。
美味しいハンバーガーだけど、次はもう頼まないかな…といった感じ。普通のバーガー頼んだほうがコスパがいいし。
そう、この皇帝バーガーは高いんです。710ルーブル。約1136円。見た目の割りには安いですけど、この店の他のバーガーは240~430ルーブルなのです。
ここでふと思いました。他のファストフードのチェーン店で一番高い食べ物はなんだろう?
この謎を解明するべく、我々はモスクワの奥地へと向かいました。

モスクワのファストチェーンの一番高い飯

Крошка Картошка クローシュカ・カルトーシュカ
モスクワのロシアっぽいファストフードチェーン店の巨塔、クローシュカ・カルトーシュカ。
オーブンで焼いたでかいジャガイモを縦に半分に切ったものに、色々なトッピングを乗せて提供するお店。
なんだかわからないけどロシアのじゃがいもはめちゃくちゃ美味しいのですが、ここのジャガイモもやっぱりすごく美味しい。
ジャガイモ+基礎トッピング(サラダ油、きのこ、チーズ、バター、ディル)を選び、メインの具材を選ぶシステム。メインの具材で値段が変わる。
私は普段チーズだけのを頼むのですが、今回のテーマは一番高いもの。「一番高いトッピングはどれ?」と店員さんにきいたところ、返ってきたのは「Красная рыбка(赤い魚)」。じゃあそれをと注文し、赤い魚にあう基礎トッピングは?と聞いたところバターがいいんじゃないか?ということでバターをチョイス。
バター&赤い魚
ジャガイモ&基礎トッピング:バター 115ルーブル &赤い魚 112ルーブル
合計227ルーブル、約363円
赤い魚は見て分かる通りサーモン系。塩漬けにしたサーモン。でもメニューはそのまま「赤い魚」とだけ書かれています。火は通ってない。
味はたぶん皆さんの想像通りの味かと。美味しいジャガイモの上に溶けたバターとしょっぱいサーモン。ふつうに美味しい。
Теремок テレモーク
ロシアっぽいファストフードチェーン店の巨塔その2、テレモーク。ロシア風クレープを売るお店。
上の写真のように街中にもいっぱいあるけど、今回はまとめてフードコートで買って食べました。
ここでも店員さんに「一番高いものなんですか?」と聞くと、「一番高いのはイクラだけど、サーモンのほうが美味しいよ。」と言われましたが、ほしいのは美味しいものより高いもの。「高いイクラをください。」
ちなみにここのクワスはとても美味しい。おすすめ。
こちら、ロシア風クレープのブリヌイになります。
包み方は人それぞれ。お店によって違います。いろんなパターンがある。
ナイフで切っていき…
イクラの登場!
味は、クレープとしょっぱいイクラ。ぶっちゃけそんな美味しくない。イクラ自体は美味しいと思う。でもなんかこのブリヌイとはいまいち。店員さんの言う通り美味しくない。一緒に食べてたロシア人たち曰く、
「この店は全部の具材を同じブリヌイで作ってるからだめなのかも。イクラ用に生地を作り直せばもっと美味しくできるはず。」
とのこと。たしかにそんな感じ。調和してない。
忘れてた。値段は332ルーブル。約531円也。
Воккер ヴォッケル
アジア系料理のチェーン店。ハリウッド映画でよく見るあのケースに入れて提供されます。
「一番高いメニューください」と頼むと、パッタイを勧められました。パッタイはタイ料理の定番、タイ風焼きそば。私の大好物。タイに行くと食べまくる。
なんか麺が…嫌な予感がする…。
幅広の米から作られた麺。おそらくタイで言うセンヤイを使ったパッタイ。でも硬い。もっと柔らかい綿として使うと思うけど、これは硬い。ギチギチガチガチ。一緒に食べてたロシア人の友達はギブアップ。不味すぎると言っていた。私はそこまでとは思わないけど、美味しくはなかった…。
お値段390ルーブル。約624円也。この味だと「たっけえ…」と思わずつぶやいてしまうお値段。
Стардог!с スタルドッグス
ホットドッグのお店、スタルドックス。英語で書くとStar Dogs。スター・ドッグスという意味。
「スタバのパクリ?」とロシア人の友達に聞いたら、一瞬考えて、「ああ、そういうことか。気づかなかった」と言っていたw
今まではショッピングモールのフードコートにいたけど、駅に移動。キエフスキー駅。キエフに行く列車が出発するターミナル駅。ロシアの長距離列車の駅は出発地点じゃなくて到着地点の名前がついてるのが豆知識。
こちらがメニュー。一番高い220ルーブルを頼もうと思ったら品切れ…。ロシアでよくあるパターン。メニューにあるのにない。
「じゃあ、今あるやつで一番高いのを」と頼んだら150ルーブルのになりました。約240円。
ふつうに美味しい。というか、かなり美味しい。ピクルスがいい感じに効いてる。この値段でこの味が日本で食べれたら最高。
他のお店のを食べたあとで、このときかなり満腹状態。このホットドッグはボリュームもけっこうあり、食べきれるか心配だったけど美味しくて完食余裕。
一番高いやつを食べられなかったのが心残り。次回の訪露で再チャレンジしたい。
Марукамэ 丸亀製麺
日本でもおなじみの丸亀製麺。ロシアではマルカメといいます。海外ではGAMEがゲームとよまれてしまうため、KAMEで統一してるのだとか。モスクワでも人気のうどんチェーンです。

そして今回訪れた店舗の下には、最近モスクワに誕生した松屋もあります。上の写真だと松屋のほうが目立つ。
なぜ丸亀のすぐ側に作ったのか謎。まだロシアの松屋はこの1店舗しかないので、チェーン店にカウントせず今回はスルーします。(松屋もこのあとで入店したけど日本人しかいなかった。記事にはしないけど。)
丸亀の店内はこんな感じ。
さて、丸亀で一番高いのはなにか?と同じく店員さんに聞いてみたところ、「鰻丼」、「鮭チャーハン」、「ソガベ丼」の3つがあるとの返答。3つとも460ルーブル。日本でもおなじみのメニュー…。ではないですね。ソガベ丼ってなんだ?
これは食べるしかないと思い早速注文。一緒に行ったロシア人の友達は普通のかけうどん。
Удон каке かけうどん、180ルーブル、約288円。
ちょっと麺に腰がないかな?と思うけど普通に美味しいうどん。
そしてこちらが…
Согабе дон ソガベ丼 460ルーブル、約736円也。
HPを見ると、和風野菜ソガベソースを焼いた牛肉にかけたものらしい。
だからそのソガベってなんなんだ…。
味は焼き肉丼っぽいのかな?よくわからないけど美味しいのは確か。
ちょっと謎すぎなんでググったりもしてみましたが、結局よくわからない。ソガベラーメンを提供するロシアの店も見つけましたが、「日本伝統のソガベ味」としか書かれていなく更によくわからない。
我々調査班はソガベの謎を解明するべく、モスクワの更に奥地へと向かいます。
続報が入り次第ご報告いたします。